Windows10でMicrosoftTeamsが自動的に起動しないようにする方法



推奨: Windowsエラーを修正し、システムパフォーマンスを最適化するには、ここをクリックしてください

生産性を向上させ、従業員間のコラボレーションを改善する効果的な方法を探している場合は、MicrosoftのOffice 365Teamsが最適なオプションのXNUMXつです。 このアプリケーションは、さまざまな地域のリモートチームと分散チームを管理するマネージャーに特に役立ちます。 一方で、社内の従業員にもメリットがあります。 実際、企業がプロジェクトやタスクを効率的かつ迅速に完了するのに役立ちます。

Office 365のサブスクリプションを購入すると、スイートにデフォルトでMicrosoftTeamsがインストールされていることがわかります。 それが完了すると、アプリケーションを起動すると自動的に起動します。 ただし、すべてのWindows10ユーザーがこの機能を必要とするわけではありません。 この場合、MicrosoftTeamsを防ぐ方法を学びたいと思うかもしれません。 起動時に自動的に起動.

Microsoft Teamsを使用する必要がない場合は、単にオフにすることができます。 Windows 10でチームが自動的に起動しないようにする方法を知りたい場合は、次のいずれかの方法を使用して行うことができます。

Teamsアプリ内からのMicrosoftTeams自動起動を無効にする

予防する マイクロソフトのチーム 自動的に起動することから、アプリケーション内からWindows10の設定にアクセスする必要があります。 これを行うには、プロフィール写真をクリックして[設定]を選択します。 「アプリケーション」セクションで、アプリケーションを自動的に開始するためのチェックボックスをオンにする必要があります。 このボックスがオフになっていることを確認してから、オフにします。 その後、コンピュータを起動するたびにアプリケーションが自動的に起動しなくなります。

また、バックグラウンドで[アプリケーションを開く]をオフにして、チェックボックスを閉じたときにアプリケーションを実行させることもできます。 これらのオプションにより、アプリケーションを閉じたときにアプリケーションが実行され続けないことが保証されます。 この設定が無効になっている場合、アプリケーションは完全に閉じ、閉じるたびに再起動する必要があります。 これは、メッセージやその他のチームの問題があるかどうかを確認するための良いオプションです。 これにより、アプリケーションを再起動するたびに強制的に再起動します。



2021年XNUMX月の更新:

私たちは今あなたのエラーのためにこのツールを使うことを勧めます。 さらに、このツールは一般的なコンピュータエラーを修正し、ファイルの損失、マルウェア、ハードウェア障害からあなたを保護し、最大のパフォーマンスが得られるようにPCを最適化します。 あなたはすぐにあなたのPCの問題を解決し、このソフトウェアに他の人が起こるのを防ぐことができます:

  • ステップ1: PC Repair&Optimizer Toolをダウンロード (Windows 10、8、7、XP、Vista - マイクロソフトゴールド認定)。
  • ステップ2:“スキャンの開始PCの問題の原因である可能性があるWindowsレジストリ問題を見つけるため。
  • ステップ3:“全て直すすべての問題を解決します。

download



タスクマネージャーからのMicrosoftTeams自動起動を無効にする

他の多くのアプリケーションと同様に、タスクマネージャーの[スタート]タブからMicrosoftチームを無効にすることができます。 この方法は、MicrosoftTeamsにログオンしていない場合に役立ちます。 あなたが従う必要のあるステップをお見せしましょう。

  • [スタート]メニューを開きます。
  • 検索バーに「タスクマネージャー」と入力し、「Enter」を押します。
  • タスクマネージャが開いたら、[ホーム]タブに移動します。
  • エントリ「MicrosoftTeams」を見つけて、リストから選択します。
  • [無効]ボタンをクリックします。
  • タスクマネージャを閉じます。

「無効」ボタンをクリックすると、Microsoft TeamsAutostartが無効になります。 タスクマネージャの[スタート]タブの[ステータス]列に表示されます。

設定アプリからMicrosoftTeamsの自動起動を無効にする

これにより、チームが自動的に起動されなくなります。

  • スタートをクリックします
  • 設定をクリックします。
  • 次にアプリ
  • [スタートアップ]をクリックします
  • MicrosoftTeamsを無効にする

これが機能しない場合、またはMicrosoft Teamsがこのリストにない場合は、Office365の電子メールアドレスとパスワードを使用してTeamsにログインします。 開始したら、右上隅にあるアカウントアイコンをクリックし、[設定]をクリックします。 自動開始オプションをオフにします。 そこにいるときに、[閉じるとき]フィールドもクリアし、アプリケーションを起動して、チームをOfficeチャットアプリケーションとして保存します。

結論

使用したくない場合は、Teamsソフトウェアをアンインストールすることもできます。 Microsoft Teamsを完全にアンインストールするには、アンインストールする必要があるものがXNUMXつあります。MicrosoftTeams自体と、マシン全体のチームインストールプログラムの両方です。

これが機能している間、組織のOffice 365ソフトウェアを更新すると、Windowsがチームを再インストールする可能性があります。 チームをPCから遠ざけるために戦う代わりに、MicrosoftTeamsランチャーをオフにして忘れることができます。

https://answers.microsoft.com/en-us/education_ms/forum/all/how-do-i-disable-the-microsoft-team-from-starting/97e71663-8aa0-4c3b-9b90-a334bf13236f



推奨: Windowsエラーのトラブルシューティングおよびシステムパフォーマンスの最適化を行うには、ここをクリックしてください